「大体」で楽しむ鉄道模型

肩ひじ張らない鉄道模型ライフを標榜するブログ。 中古・ジャンクNゲージの整備備忘録、たまの新製品レビュー、それらの走行動画など、すべてが「大体」です。「大体」な感じでご覧ください。

■185系の比較■TOMIX、KATO、MICRO ACE各社の185系モデルたち

f:id:daitaitetsu:20200407134858j:image

185系の実写記録のときにチラッと登場しましたが、2020年3月発売のTOMIXの「98961 185-200系特急電車(国鉄特急色)セット」を購入しております。

(185系の実写記録はこちら)

https://daitaitetsu.hatenablog.com/entry/2020/03/22/233424

 

f:id:daitaitetsu:20200413142343j:image

↑ついでに、我が家に在籍している185系を全部引っ張り出してみた様子がこちらです。実車記録記事の時に出し忘れていたマイクロエースのフルフルも並べてみました。

KATOの単品時代の185系0番台踊り子から始まって、マイクロエースの200番台フルフル、KATOの200番台湘南色、同じくKATOの200番台踊り子、TOMIXの200番台特急色というラインナップです。TOMIXの特急色以外は全部中古で購入しました。ちょっとそれぞれ見てみましょう。

 

f:id:daitaitetsu:20200424094648j:image

↑まずはKATOの単品時代の185系0番台。我が家では唯一の0番台になります。ケースの裏書によると製品は「4060-② クハ185 先頭車」「4061-② モハ184 中間車」「4062-② モハ185 中間車(M)」「4063-② サロ185 グリーン車」「4064-② モハ185 中間車(T)」の5種類がラインナップされていたようです。

 

f:id:daitaitetsu:20200517132330j:image

↑私はここ数年で中古をコツコツ買いためて編成にしています。現在はクハ×2、モハユニット×3、サロ×2、サハ×1の11両が在籍中。4〜10両編成が自在に組めます。クハの100番台は商品化されていませんので、上り下りどちらも0番台を使うことになります。

 

f:id:daitaitetsu:20200517132048j:image

マイクロエースの「A-4140 185系シュプール号フルフル」。1999年の発売。後発のベストリニューアル品とは違ってサロの中身に動力がいっぱい詰まって窓が黒く塗りつぶされているやつです。某模型店にはベストリニューアルを差し置いてまだ「新品」の在庫があるようですよ(笑)動力が不調でしたので整備しました。その整備録はまた後日。

 

f:id:daitaitetsu:20200517132427j:image

実車シュプール号運転10周年を記念して1994年に登場。広告条例に抵触すると東京都から横ヤリが入りかけたほどのド派手な塗装が印象的です。賑やかなのでレイアウトが華やかになります。

 

f:id:daitaitetsu:20200517132103j:image

↑KATOというかラウンドハウスから2011年に発売された

「10-925 185系200番台 湘南色タイプ 7両セット」。ヤフオクで綺麗そうなのが出品されているのを見かけて、探していたわけでもないのに思わず入札&競ることもなく落札してしまったものです。9000円とかそれくらいだったかな?若干のタバコ臭のほかは美品だったので満足です。ちなみにコレ、KATOのホームページではまだ新品が売っているっぽいですね。

 

f:id:daitaitetsu:20200517142117j:image

↑「草津」運転50周年を記念して80系を模した金太郎塗りの湘南色が印象的ですね。

 

f:id:daitaitetsu:20200517145140j:image
f:id:daitaitetsu:20200517142152j:image

↑80系とのツーショット。本気で寄せにいった塗装だったんですねぇ。思った以上に似ていてビックリです。

 

f:id:daitaitetsu:20200517142328j:image

↑2017年発売のKATOの「10-1442 185系200番台 踊り子色 7両セット」。ヤフオクで6000円くらいで落札しました。車内が一部改造のうえ社外品のLED室内灯が装着されているのでジャンク扱いでしたが、お買い得だったと思っております。

 

f:id:daitaitetsu:20200517142740j:image

↑室内灯は恐らく庄龍鉄道さんのグランライトです。適切に装着すればほとんどチラつきも無いようですし何より明るいです。

 

f:id:daitaitetsu:20200517144757j:image

↑そして冒頭にご紹介したTOMIXの「98961 185-200系特急電車(国鉄特急色)セット」です。ラウンドハウスの湘南色を落札した勢いで特急色も探していたところ、ちょうどTOMIXからリリースが発表されたので思わず予約しちゃったものです。

 

f:id:daitaitetsu:20200517145155j:image
f:id:daitaitetsu:20200517145158j:image

↑モデルとなった157系とツーショット。似てるなぁ(笑)これまた本気で寄せた塗装だったんですねぇ(感心)

 

f:id:daitaitetsu:20200517161118j:image

↑初めて5本一気に並べましたがなかなか壮観ですね。せっかく並べたのでちょっとくらべてみましょう。TOMIXの旧製品が無かったりしますので網羅的な比較ではありませんし、私のことですからもちろん「大体」ですけどね(*´-`)

 

f:id:daitaitetsu:20200517143951j:image

↑まずはお顔の勢揃い。左:KATO単品、左中:マイクロフルフル、中:KATO湘南色、右中:KATO(2017)、右:TOMIX特急色です。一番左のKATO単品以外はクハ185の300番台です。レールの高さも若干違いますがTOMIXの車高の低さが際立っているように見えます。そして車高が低いからか一番太っちょに見えます。マイクロはほっそり顔ですね。拡大してみましょう。

 

f:id:daitaitetsu:20200517161324j:image

↑KATO単品のクハ。我が家唯一の0番台でヘッドマーク下のタイフォンはスリット状の表現。ヘッドマークは交換式。点灯していないとよく見えない時代のものです。


f:id:daitaitetsu:20200517161338j:image

↑マイクロフルフルのクハ300番台。ボディが0番台と共通なので200・300番台にあるはずのタイフォンカバーはありません。ヘッドマークはシール式でハッキリ見えます。


f:id:daitaitetsu:20200517161331j:image

↑KATO湘南色。これはタイフォンカバーが再現されています。交換式ヘッドマークですが、消灯時もかなりハッキリ見えます。


f:id:daitaitetsu:20200517161328j:image

↑KATO(2017)。前面窓の縦フレームが黒くなってカッコイイです。実車は登場時から黒でしたが模型はみんな銀でしたよね。スカートが強化型になっています。交換式ヘッドマークは消灯時でもバッチリ見えます。

 

f:id:daitaitetsu:20200518091813j:image

↑そして、両端クハのスカートが作り分けられるようになりました…が、200番台では三つあるはずのジャンパ栓受けが一つなので0番台からの流用のようです。ボディのジャンパ栓納めも省略されていますが、あったらカッコ良かったのに(*´-`)


f:id:daitaitetsu:20200517161334j:image

TOMIX特急色。ジャンパ栓パーツ、列車番号表示器、作りこまれた乗務員室内が目につきます。

 

f:id:daitaitetsu:20200518160303j:image

↑300番台のジャンパ線納めは一つだけ残してあとは土台のみの状態が再現されています。そして、スカートも200番台(右)と300番台(左)とで作り分けられていて、TOMIXはジャンパ栓受けが三つ残った正統派200番台仕様です。ただし、200番台の栓受けは二つしか表現されておらず、三つ目があるべきはずの場所は空洞になっています。ということは、この200番台のスカートパーツは、ジャンパ栓パーツの端を収めるためにこの部分の表現を割愛した300番台の金型から反転させて作っているんですね。合理的な作り手の技ってとこでしょうか。

 

続いて横顔を拝見…

f:id:daitaitetsu:20200522094355j:image

↑KATO単品。国鉄仕様なので「JNR」マーク入り、無線アンテナ無し。ついでに信号炎管も無く、乗務員室上の屋根は無線ホイッスルカバーのみの表現です。車体にはS型のATS標記、エンドマークあり。KATOは昔から車体標記がしっかりしていますね。


f:id:daitaitetsu:20200522094400j:image

↑マイクロフルフル。この塗装は見事ですね。自分では絶対に再現できない(したくない)塗装を、カラーバリエーションの一環であっさりと製品化してしまったのは「塗装のマイクロエース」の面目躍如といったところでしょうか。発売後にあっという間に品薄になったというのもうなずけます。その代わりというか車番以外の車体標記はありません。フルフル塗装で手一杯ですからね、仕方ないですね。無線アンテナの再現なし、ホイッスルカバーあり。信号炎管はピカピカ光る金属製です。細かく見ると、KATO単品では表現がある乗務員扉後ろのステップ上の屋根手すりが無いですね。言わなきゃ誰も気づかないからいいでしょう( ´∀`)

 

f:id:daitaitetsu:20200527201600j:image

↑そしてマイクロエースの得意技「座席の頭カバー塗り」もこの頃から炸裂しています。室内灯をつけなくても目立ちまくるほどバッチリ塗られています。賛否はあると思いますけど、私はこの塗り分けは好きです( ^ω^ )

 


f:id:daitaitetsu:20200522094344j:image

↑KATO湘南色。信号炎管と無線アンテナのパーツが付属。標記はATS(P型とS n型)、エンドマーク、それと小さなJRマークです。特別塗装の時のJRマークはこんな所にあったんですね。それから、乗務員室扉の下端の手かけが印刷で再現されています。実車で追加になったものを模型でも追加したようです。細やかな仕事ですね(^^)

乗務員室扉の斜め後上方の雨樋が三角に出っ張っている部分は無視して緑が直線的に塗られていますが、実車もそのように塗られていたようですね。


f:id:daitaitetsu:20200522094348j:image

↑KATO(2017)。標記類は湘南色とほぼ同じですが禁煙車マークが追加されました。

 

f:id:daitaitetsu:20200524185736j:image

↑JRマークはクハの車端の定位置に戻っています。


f:id:daitaitetsu:20200522094352j:image

TOMIX特急色。標記は小さなJRマークのみ。TOMIXは標記類の印刷に熱心ではないですよね。塗装はムラがあったり塗料が薄いのかノリが悪かったりでイマイチです。乗務員室扉両脇の埋め込み式の手すりは、実車が埋め込み部=赤、手すり=クリームなのに対して、埋め込み部=クリーム、手すり=赤になっています。これは塗り分けるつもりは無く、単にクリーム→赤と塗って凹みに赤が回らなかっただけですね。普通はやらないですけど、赤→クリームって塗ったらバッチリだったのに(^^;;

乗務員室の斜め後上方の雨樋が三角に出っ張っている所は実車同様きちんと赤く塗られていますので、こだわりがないわけではなさそうです。

 

ここで気になる「お顔の似ている似ていない」を見てみましょう。実車と並べて一気にどうぞ。

f:id:daitaitetsu:20200518195506j:image

f:id:daitaitetsu:20200521170737j:image
f:id:daitaitetsu:20200521170730j:image
f:id:daitaitetsu:20200521170734j:image
f:id:daitaitetsu:20200521170727j:image
f:id:daitaitetsu:20200521170724j:image

↑うーん…個人的な感想だとどれも今ひとつ似ていないかな(;´Д`A 実車の前面窓はもう少し上下の幅が広く見えますし、下ぶくれの曲線は車体裾でもう少し絞りこまれると思うんです。一言で言うと、実車の「かわいい印象」が再現されていないというかなんというか…。塗装違いも混じってますからこの写真でどうこうは言えないですけどね。

一番近いのはTOMIXで、一番遠いのはほっそり縦長顔のマイクロでしょうか。まぁでも、どれも細かく見比べなければ疑いようもなく185系ですから問題無いですね( ´∀`)

 

f:id:daitaitetsu:20200524191529j:image

↑モハ185のパンタ側。左からKATO単品、マイクロフルフル、KATO湘南色、KATO(2017)、TOMIX特急色。取り立てていうほどの差は無いでしょうか。この辺りは昔から各メーカーが気合をいれて造りこんでる部分なんですね。マイクロの避雷器がクハの信号炎管と同様の金属製なのが目を惹きます。実車がどうこうはともかく、キラリと光るメタルパーツは男の子心をくすぐる高級感があって私は好きです( ´∀`)

 

f:id:daitaitetsu:20200524191902j:image

↑そしてサロ185です。これはTOMIX特急色。TOMIXの現行モデルが発売になった時に「サロ185の200番台にトイレ窓が再現された」と話題になったようです。皆さん実車をよくご存知ですねぇ(感心)写真の左端上の楕円の窓がそれです。

ちなみにTOMIX特急色はこのサロだけクーラーキセがグレーで、ほかの車両はシルバーです。きっと実車もそうなんでしょう。


f:id:daitaitetsu:20200524191910j:image

↑KATO(2017)。確かにトイレ窓がありません。ボディを0番台と共用するためにわかっちゃいるけど省略した、っていう部分なんですかね。

車番が斜めストライプとかぶっているのは、実車が最初横帯のリレー号塗装でデビューしたので車番がセンターにあるからですね。


f:id:daitaitetsu:20200524191907j:image

↑KATO湘南色もトイレ窓は無し。帯入りグリーン車塗装でクラシカルな雰囲気です。


f:id:daitaitetsu:20200524191905j:image

↑マイクロフルフル。こちらもトイレ窓は無し。フルフル塗装で手一杯ですからね、仕方ないですね(;´Д`A


f:id:daitaitetsu:20200524191859j:image

↑KATO単品。こちらは0番台ですからトイレ窓は無くて正解。斜めストライプ塗装でデビューしたので車番は脇に避けられています。

先のクハの乗務員室扉の手かけといい標記類の再現度の高さといい、KATOは昔から塗装でなんとかなるものは積極的に取り組んで、再現を試みたり「タイプ」モデルで出したりしている気がしますね。金型云々の話になると消極的っぽいですが。

 

f:id:daitaitetsu:20200525102137j:image

↑前置きが長くなりましたが、走行動画にまいりましょう。今回は5本とも走りますよ!メーカーや時代の差が感じられる…と思います(^^)

https://youtu.be/2tZRrLx9juU

【走行模型①】

KATO 4060-② クハ185 踊り子号 ほか単品10両

 

【走行模型の私的五段階評価】

★…1ポイント ☆…0.5ポイント

※★3つが標準です。あくまで個人の感想です。


外観の細密さ★★★☆

走行の安定性★★★★

走行の静粛性★★★★

取扱の容易さ★★★★

溢れ出る魅力★★★★


総合評価:★★★★


あとに続く同社185系の基礎をいきなり確立してしまっている凄いモデルです。

後の製品と比べると走りが劣るのは仕方ないですが、単体で見れば良い走りです。

ちょっと古い構造ですが、分解でそこまでイラつくことはなく、整備も容易です。

10両編成で走らせると古いモデルとは思えない貫禄があります。


【走行模型②】

MICRO ACE A-4140 185系シュプール号フルフル


【走行模型の私的五段階評価】

★…1ポイント ☆…0.5ポイント

※★3つが標準です。あくまで個人の感想です。


外観の細密さ★★★☆

走行の安定性★★★☆

走行の静粛性★★★

取扱の容易さ★★★★

溢れ出る魅力★★★★★


総合評価:★★★★


ちょっと細っそり顔だったり屋根の塗りが厚ぼったかったりしますが普通に良く出来たモデルだと思います。

ちゃんとメンテナンスすれば意外と良い走りを見せますがTOMIXの旧ダブルクロスポイントは苦手なよう。

頑丈なので分解メンテナンスも苦になりません。

金属製の信号炎管や避雷器、何よりど派手なフルフル塗装はレイアウトの華と言って良い魅力があります。


【走行模型③】

ROUND HOUSE 10-925 185系200番台 湘南色タイプ 7両セット


【走行模型の私的五段階評価】

★…1ポイント ☆…0.5ポイント

※★3つが標準です。あくまで個人の感想です。


外観の細密さ★★★★

走行の安定性★★★★☆

走行の静粛性★★★★☆

取扱の容易さ★★★★☆

溢れ出る魅力★★★★★


総合評価:★★★★☆


基本的には単品発売時代と変わらない造りなのに古びた感じがしないのは凄いです。

最新製品には若干劣る気がしますがKATOらしい流石の走り。

分解でイラつくことはなく、整備も容易です。

まさに「異色」の金太郎塗り湘南色は模型にしても魅力たっぷり。


【走行模型④】

KATO 10-1442 185系200番台 踊り子色 7両セット


【走行模型の私的五段階評価】

★…1ポイント ☆…0.5ポイント

※★3つが標準です。あくまで個人の感想です。


外観の細密さ★★★★☆

走行の安定性★★★★★

走行の静粛性★★★★★

取扱の容易さ★★★★☆

溢れ出る魅力★★★★★


総合評価:★★★★★


細部までしっかりと造りこまれた良品ですが、200番台車の再現としては今一歩なのが残念。

走りは信頼のKATOクオリティです。

分解でイラつくことはなく、整備も容易です。

いずれにせよ、現代の基準を満たしたハイクオリティモデルだと思います。


【走行模型⑤】

TOMIX 98961 185-200系特急電車(国鉄特急色)セット


【走行模型の私的五段階評価】

★…1ポイント ☆…0.5ポイント

※★3つが標準です。あくまで個人の感想です。


外観の細密さ★★★★★

走行の安定性★★★★★

走行の静粛性★★★★★

取扱の容易さ★★★★☆

溢れ出る魅力★★★★★


総合評価:★★★★★


個人的にはもうちょっと似せられるはず!と思ってしまいますが、こだわりを持って再現された外観は現時点での185系モデルの決定版と言ってもいいでしょう。

HGシリーズの走りは鉄板ですね。

分解でイラつくことはなく、整備も容易です。

157系と並べるとニンマリできる魅力溢れるモデルです(^^)

 

TOMIXから湘南色でますかねぇ…「さよならセット」は間違いなく出すでしょうね。

今回も大体のところで楽しめました。

■ジャンクキット再生■GREEN MAX 小田急1000形 未塗装キット 4両編成 その③

新型コロナウイルスの感染拡大で生活スタイルが変わったのと、職場でちょっとした異動があったのとで模型をいじる時間が減ってました。よくありませんね、こんな時こそ模型ライフを楽しまねば。

というわけで、久々の更新いってみましょう(^^)

 

f:id:daitaitetsu:20200330131316j:image

↑近所のホビーオ○で1両300円で入手したGM小田急1000形のジャンクキット(動力付き4両編成)を再生させるチャレンジ!のその③です。

(その①はこちら)

https://daitaitetsu.hatenablog.com/entry/2020/03/17/191459

(その②はこちら)

https://daitaitetsu.hatenablog.com/entry/2020/03/27/113705

前回で塗装が終了したので、今回はデカール・シール類の貼り付け、前面手すり取り付け、窓セル貼り等の仕上げを行います。

 

f:id:daitaitetsu:20200330131550j:image

↑「グリーンマックス D-1002 小田急1000系デカール」を用意しました。このジャンクキットを入手してから某模型屋さんのオンラインストアで「新品」で購入したものですが、大分黄ばんでいます。新品というよりデッドストックですね。どうやらラスイチだった模様。


f:id:daitaitetsu:20200330131552j:image

↑このデカールには4、6、8、10両編成用のナンバーがセットされていますが、何故か車番が1枚ずつ…つまり片面分しかありません。

 

f:id:daitaitetsu:20200330131556j:image

OERマークは6両分です。このデカールは…2枚で1組なのかな?ラスイチのデッドストック品でしたから、もう1枚は到底入手できそうにありませんしねぇ、困りましたねぇ…

やむを得ず片側に1051編成、反対側に1052編成の車番を貼ることにします。

 

f:id:daitaitetsu:20200405002333j:image

↑車番、OERマーク、優先席マークを貼ったところです。黄ばんだデカールでもちゃんと使えました。


f:id:daitaitetsu:20200405002337j:image

↑さて、このジャンクキットですが、私が入手した時点で前面手すりがいくつか欠落していました。真鍮線で全て作り直すことにします。0.3mmの真鍮線を使用しますので、まず0.4mmのピンバイスで取付穴を開けます。

いやしかし、ライトケース周りの塗装が乱れてますねぇ。あとでタッチアップしようかな、忘れてなければ(笑)


f:id:daitaitetsu:20200405002340j:image

↑紙におよその設計図(?)を書いて、それに合うように真鍮線を曲げていきます。


f:id:daitaitetsu:20200405002343j:image

↑このような感じになりました。曲げが稚拙なので上段の手すりが半円状ですが、まあいいでしょう(´∀`)


f:id:daitaitetsu:20200405002326j:image

↑ミッチャクロンで下地塗装をしてボディと同じステンレスシルバーを筆塗りしました。

 

f:id:daitaitetsu:20200427181027j:image

↑前面窓パーツは元のままだとイマイチしっくりはまらないので、写真右のように分割しました。

行先表示等の部分はもともとのキットは前面からシールを貼って表現することになっていますが、私のジャンクちゃんに貼ってあったシールは再利用不能な状態でした。とりあえず黒く塗っておきましょう。

このあとは窓セル貼りです。

窓セル…面倒くさいですよね…

思わずほかの模型に手をつけたくなる誘惑をグッとこらえて、時間を見つけて一気に貼ります。

透明プラ板を切り出して貼って切り出して貼って…地味な作業ですので写真はありません。


f:id:daitaitetsu:20200427181039j:image

↑窓セル貼りをクリアすれば完成はもうすぐそこです。床板を両面テープで固定して台車をつけて線路にのせて試運転してみると…脱線の嵐です。

よく見ると先頭の台車の後ろ側が浮いています。


f:id:daitaitetsu:20200427181036j:image

↑カプラーの柄がスカート根元の床板の出っぱりと干渉してるんですね。もとは柄を切り取ってダミーカプラーを取り付けるようになっていた…のかな?


f:id:daitaitetsu:20200427181045j:image

↑デザインナイフで干渉する部分を削りました。右が施工前、左が施工後です。大体でいいと思います。


f:id:daitaitetsu:20200427181048j:image

↑改善しました!脱線もしなくなりましたよ(^^)

 

f:id:daitaitetsu:20200427182904j:image

GMの行先表示ステッカーを買ってみました。ステッカーを貼るとキットに生命が宿る感じがします。


f:id:daitaitetsu:20200427181030j:image

↑完成後の前面。窓パーツがもう少し綺麗になると良かったですね。

列車種別と行先はかつての江ノ島線の4連運用をイメージして「各停 相模大野」をチョイス。黒く塗った窓の上に切り出したシールを大胆に貼っています。本当は裏貼りの裏塗りが理想的ですが、まぁもとがジャンクキットですし今回はこれで(^^;

前面帯下の車番は「1052」と「1151」となっています。本当は「1051」を貼りたかったのですが、失敗してしまいました…(-_-;)

あ…ライトケースのタッチアップ忘れてた…まぁ、走ってればわからないから、そのうちやりましょう(*´-`)


f:id:daitaitetsu:20200427181033j:image

↑側面行先表示もステッカーのほうが若干大きめですが貼りました。藤沢・江ノ島方車端部窓の優先席ステッカーも貼ってみましたよ。

 

f:id:daitaitetsu:20200427195120j:image

↑ようやく完成しました!

なんか塗装も乱れてるし雑な箇所もいろいろありますけど、もとのジャンク状態に比べるとかなりまともになった…と自己満足しています(*^ω^*)

それでは走行動画をどうぞ。

https://youtu.be/F2k6pvxF7MI

【走行模型】

GREEN MAX 小田急1000形 未塗装キット 4両編成(ジャンクキット再生品)

【走行模型の私的五段階評価】

★…1ポイント ☆…0.5ポイント

※★3つが標準です。あくまで個人の感想です。

外観の細密さ★★☆

走行の安定性★★★

走行の静粛性★★★

取扱の容易さ★★★

溢れ出る魅力★★★★

総合評価:★★★

キットの素性はいいんですが、元がジャンク品なうえに私の技術が拙いので外観はそこそこです。

でも、自分で手を入れた車両は愛着もひとしおで大切なコレクションのひとつになりました。

今回も大体のところで楽しめました。

■ジャンクキット再生■GREEN MAX 小田急1000形 未塗装キット 4両編成 その②

f:id:daitaitetsu:20200318141444j:image

↑近所のホビーオ○で1両300円で入手したGM小田急1000形のジャンクキット(動力付き4両編成)を再生させるチャレンジ!のその②です。

(その①はこちら)

https://daitaitetsu.hatenablog.com/entry/2020/03/17/191459

前回は塗装剥がしと補修、動力ユニットの分解整備までおこないましたので、今回から塗装に移りたいと思います。

 

f:id:daitaitetsu:20200324095116j:image

↑まずは帯色をエアブラシで吹いてみました。色はミスターカラーの34番スカイブルーと同65番インディーブルーを3:1の割合で混ぜたものです。色のチョイスに深い理由はなくたまたま手元にあったから。うーん、ちょっと青すぎたかなぁ?銀を吹いたら印象が変わるかもしれませんし、とりあえず先に進みましょう。


f:id:daitaitetsu:20200325004056j:image

↑2mm幅に切り出したテープで帯をマスキングして、ガイアカラーのステンレスシルバーを吹きました。やはり帯色は青過ぎましたね(ー ー;)

 

f:id:daitaitetsu:20200326001423j:image

↑こちらは令和2(2020)年1月12日に相模大野駅で撮影した1081編成(8輌編成)の小田原方クハ1481。リニューアル工事施工前で帯色はいわゆるロイヤルブルー。この写真を見ると、私が吹き付けた帯色は明らかに緑色要素が欠けていますね。しまった、淡緑色でも適当に混ぜておくんだった。


f:id:daitaitetsu:20200325004108j:image

↑こちらは令和2(2020)年3月8日に新宿駅で撮影した1094編成(10輌編成)の小田原方クハ1494です。令和元(2019)年12月のリニューアル工事施工に伴って帯色がインペリアルブルーに変更されています。ロイヤルブルーに比べて青味が濃いですね。私の吹き付けた帯色はどちらかというとリニューアル編成に近いのかぁ。まいったなぁ、このジャンクキットについてたのは菱形パンタだしなぁ、シングルアーム買うのも面倒だし勿体ないし、そもそも小田急のブランドマーク入れるつもりなかったしなぁ…ま、いっか( ´∀`)

もともとモーター車のデハの床下機器が8000形のだったりして適当なジャンクキットなんですから、練習と思って気楽にいきましょう。よって帯色はこのままです!


f:id:daitaitetsu:20200326114827j:image

実車はドア枠には帯色がのっていないので、印の部分にステンレスシルバーを筆塗りします。ちょっとの手間で随分と印象が変わる作業です。


f:id:daitaitetsu:20200325004114j:image

実車はステンレスの輝きを和らげるためにダルフィニッシュ(梨地仕上げ)になっていますので、ステンレスシルバーを吹き付けたままだとギラギラしていて1000形としては雰囲気が今ひとつです。


f:id:daitaitetsu:20200325004111j:image

↑つや消しクリアーを吹くと良い感じになりました。画像奥側がつや消し後、手前がつや消し前です。

屋根はクリアーを吹く前にガイアカラーのねずみ色1号で塗装してあります。床下も黒で塗装しつや消しクリアーを吹いて、基本塗装は完了です。次回は窓入れ、シール類の貼り付けをして仕上げとなります。

今回も大体のところで楽しめました。

 

■実車記録編■185系 0番台 3725M 湘南ライナー5号(A3編成+C2編成 15両編成) 東京駅発車

今回は模型ではなく実車の話をしようかと思います。

鉄道模型は世の中に星の数ほどありますが、自分が買う(買える)のはほんの一握りですよね。買う動機やコレクションの方針は人それぞれですが、やはり「乗った車両」「見た車両」を買うことが圧倒的に多いのではないでしょうか。まぁ、私なんかは「憧れ」だけで名鉄キハ8000系やら四季島やら瑞風やらも買ってますが(^^;

そんな私が今までに乗ったり見たりした車両、あるいはこれから出会う車両についてちゃんとまとめて記録にしておいたら、模型ライフがもっと面白くなるんじゃないかと思った次第です。今までの模型購入の動機となった記録を掘り起こすかもしれませんし、新しく模型を狙うきっかけとなる記録をこれからとるかもしれません。

お断りしておきますが、キット制作の役に立つような細かい記録ではありません。私のような「詳しくないけど鉄道が好き」な人の模型ライフが「ちょっとだけ楽しくなるかもしれない」肩肘張らない記録です。趣味なんだから「大体」で楽しめばいいんですよ(*´∀`*)

とりあえず始めてみましょう。

「大体」で楽しむ鉄道模型実車記録編、スタートです!

 

f:id:daitaitetsu:20200320204904j:image

↑一発目はつい先日、令和2(2020)年3月18日の記録から。東京口で最後の活躍を続ける185系です。ダイヤ改正も終わり「あぁ、185系もあと一年かぁ」と思ったら久々に見たくなったので、用事の途中に進路を曲げて東京駅に行ってみました。


f:id:daitaitetsu:20200320204911j:image

↑9番線には19時30分東京発の3725M「湘南ライナー5号」小田原行きが入線していました。うむ、やはり185系はいい(笑)

斜めストライプの185系を見てると湘南色113系ブルトレも入線してきそうな気がします。懐かしいなぁ…


f:id:daitaitetsu:20200320204901j:image

↑さて、本日の編成です。小田原方の1〜10号車はクハ185-5を先頭にするA3編成(大宮総合車両センター 宮オオ)で、車番は次のとおり。

クハ185-5

モハ184-11

モハ185-11

サロ185-6

サロ185-5

モハ184-10

モハ185-10

モハ184-9

モハ185-9

クハ185-105


f:id:daitaitetsu:20200320204852j:image

↑東京方に連結された11〜15号車はクハ185-4を先頭にするC2編成(大宮総合車両センター 宮オオ)で、車番は次のとおり。

クハ185-4

サハ185-2

モハ184-8

モハ185-8

クハ185-104

A編成のパンタはPS16(A6編成を除く)ですが、こちらのC編成のパンタは追従性能が優秀なPS21に換装されています。編成中にパンタが一基しかありませんから、離線を防ぐためらしいですね。

およそ15分ほどホームで眺めたあとに発車シーンを撮影したのでご覧ください。

https://youtu.be/DYOIB8GPABI


f:id:daitaitetsu:20200320204914j:image

↑堂々の15両編成を見るとまだまだ意気盛んな印象ですね(^^)

 

f:id:daitaitetsu:20200322154402j:image

185系は模型もいくつか我が家に在籍中です。

(一番左)

「KATO 品番4060-② クハ185 踊り子号」ほかの単品をコツコツ収集中の編成(中古、現在8両)

(左から二番目)

「KATO(ROUND HOUSE) 品番10-925 185系200番台 湘南色タイプ 7両セット」(中古)

(左から三番目)

「KATO 品番10-1442 185系200番台 踊り子色 7両セット」(中古)

 

f:id:daitaitetsu:20200322154647j:image

↑おや、その奥に何かいますねぇ…

 

f:id:daitaitetsu:20200322154711j:image

↑一番右は「TOMIX 品番98691 JR185-200系特急電車(国鉄特急色)セット」です。

そう、TOMIX185系特急色…新品で買っちゃいました(≧∀≦)特急色はROUND HOUSEの中古をずっと狙ってはいたんですが、値段と状態に納得できるものになかなか巡り会えませんでした。そこにTOMIXが出すという発表があったので「HGな185系も一編成くらいは手元に置かなきゃダメだろう」というよくわからない理屈で新品をいっちゃいました。

こうやって眺めると200番台ばっかですね(笑)でも。今回記録をとったことで0番台の編成を伸ばす決意が新たになりましたᕦ(ò_óˇ)ᕤ

ここにいるセット物の185系はいずれもパーツやシールが未取付ですし、中古はメンテナンスもしたいので順次整備します。整備したら、もちろんいつもの記事と走行動画をあげるつもりです(^o^)


f:id:daitaitetsu:20200320204857j:image

↑ちなみに湘南ライナー5号の発車を見送った私は、所用を済ませたあとに215系が充当された22時30分東京発の湘南ライナー15号に乗車して帰路につきました。


f:id:daitaitetsu:20200320204849j:image

215系は高校生の時に「ホリデーやまなし」に乗って以来ですから、20ウン年以上ぶりです( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

f:id:daitaitetsu:20200320204907j:image

↑小田原方の1号車がクモハ215-3のNL3編成でした。


f:id:daitaitetsu:20200320204854j:image

↑普通車の車内はクロスシートで、ライナーとしての乗り心地は185系に劣るので人気は無いようです。私は懐かしかったからいいですけどね。


f:id:daitaitetsu:20200320204918j:image

今日の記録は明日の模型ライフの糧。

今回も大体のところで楽しめました。

■ジャンクキット再生■GREEN MAX 小田急1000形 未塗装キット 4両編成 その①

f:id:daitaitetsu:20200315130002j:image

↑近所のホビーオ○にジャンク品としてぶら下がっていた小田急1000形です。GMの未塗装キットを筆塗り塗装で組み上げてあるもので、台車、動力、パンタがついてどれも税抜き300円でした。確かに塗装が乱れていたり接着剤のはみ出しがあったり手すりやスカートが欠落したりしてましたが、動力付きまで300円は安すぎだろうと4両編成になる分だけ入手しました。合計1200円、安い(*゚∀゚*)塗装済みキットの1000形ワイドドア車とかもありましたが、そちらは600円とか800円だったので見送りました。300円に比べたら倍以上ですからね(笑)


f:id:daitaitetsu:20200315130019j:image

↑写真はいずれもボディだけにして窓も抜いた状態です。ほんとは入手状態の写真も撮っていたんですが、スマホの機種変更の際にデータバックアップに失敗して消えてしまいました…。

入手時のテストでは動力も多少ギクシャクしながらも走りましたし、総じてお買い得だったと思います。ただ、やはり塗装は何とかしたいのと、欠けたパーツ類やはみ出した接着剤は補修したいですね。

というわけで、今回のチャレンジ(笑)はこのジャンクキットをどこまで再生できるか、です!


f:id:daitaitetsu:20200315125937j:image

↑まずはいつものとおり、イソプロピルアルコールのお風呂にどぼん。使い回しだから液が赤いです。


f:id:daitaitetsu:20200315125925j:image

↑風呂あがりの状態。かなり丁寧にこすりましたが細かい隙間は落としきれませんね。


f:id:daitaitetsu:20200315130114j:image

↑前面に塗料が残っているのは接着剤と混ざってこびりついているから。このキット、とにかく接着剤を大量に使っていて、はみ出しが凄いんです。


f:id:daitaitetsu:20200315125954j:image

↑ボディ内側もこんなです。


f:id:daitaitetsu:20200315125913j:image

↑デザインナイフやピン先などでなるべくこそぎ落としました。


f:id:daitaitetsu:20200315130012j:image

↑破損していた乗務員室上のアンテナは取り除いて…


f:id:daitaitetsu:20200315125919j:image

↑手元のGM西武451系余りパーツから補います。片方のデハのヒューズ箱も欠けていたので適当に補います。


f:id:daitaitetsu:20200315125856j:image

↑こんな感じ。


f:id:daitaitetsu:20200315125946j:image

↑こちらは取りはずした前面窓のパーツ。接着剤のこびりつきを落として…


f:id:daitaitetsu:20200315130005j:image

↑接着剤で曇っている窓部分を車用のコンパウンドで磨いてみました。

 

f:id:daitaitetsu:20200315125930j:image

↑うん、まあまあかな。


f:id:daitaitetsu:20200315125957j:image

↑さて次。片方のクハのスカートが無いのをどうにかしないといけません。


f:id:daitaitetsu:20200315125940j:image

↑適当な色画用紙を切り抜いて作ってみました。本当はケント紙が良かったんですけど、手持ちに無かったもので。ちょっと薄すぎたかな?


f:id:daitaitetsu:20200315130008j:image

↑お構いなしに付けてみました。うん、まぁいいかも( ´∀`)

 

f:id:daitaitetsu:20200315125927j:image

↑床下を黒で塗装したいので、メンテナンスを兼ねて動力ユニットをフル分解してみました。

…あれ?床下機器がトレーラーのデハと違う…

 

f:id:daitaitetsu:20200317095532j:image

↑手元にあったGMのカタログ(No.14、2004年発行)を見るとデハの床下機器は共通です。こりゃいったい何の床下だ。


f:id:daitaitetsu:20200317095537j:image

↑隣のページにすぐ答えがありました。これは小田急8000形のデハの床下パーツですね。


f:id:daitaitetsu:20200317095505j:image

↑ちなみに国鉄113・115系のモハ113・115の床下パーツもコレでした。そんなもんなのかな(・・?)

それはともかく、うーん…前オーナー氏は8000形も所有していて途中でこの1000形のと置きかわっちゃたのかなぁ…どうしようかなぁ…

…ま、いっか(*´∀`*)黒く塗って走ってればわかんないですよ(笑)


f:id:daitaitetsu:20200315130025j:image

↑せっかくなので台車もバラしてメンテナンスをしたいと思います。


f:id:daitaitetsu:20200317183755j:image

↑フル分解。ダイキャスト製のパーツは車軸押さえと床板集電板への導電を兼ねています。GMの動力台車のメンテナンスポイントは、このダイキャストパーツと車輪・車軸の接点の清掃です。レール踏面を磨いてもギクシャク走行する時の原因は大抵ここです。注油等で汚れが付着しやすくなっているんですが、フル分解しないと磨けないんですよね〜。


f:id:daitaitetsu:20200315125933j:image

↑車輪ゴムが劣化していて、片方はボロボロに崩れてしまいました。


f:id:daitaitetsu:20200315125922j:image

↑綺麗に取り除いて交換しました。


f:id:daitaitetsu:20200315130022j:image

↑台車を元通りに組み上げて、ついでにアーノルドカプラーポケット用のTNカプラーがついていたのをKATOカプラーの密連グレーに交換。

 

f:id:daitaitetsu:20200317191113j:image

↑今回入手した車両はジャンク品ですので、特にプロトタイプとかは定めずに気楽に再生させていこうと思います。菱形パンタ、小田急ブランドマーク制定前、って感じですね。


次回からは塗装に移ります。

今回も大体のところで楽しめました。

■中古整備■KATO 10-379・380 80系準急 東海/比叡 基本・増結セット

f:id:daitaitetsu:20200306001910j:image

↑1年くらい前だったかな?ヤフオクで落札したKATOの80系準急 東海/比叡です。80系で運転された昭和32(1937)〜34(1939)年ころの準急東海(東京〜名古屋)と比叡(名古屋〜大阪)を再現できるセットで平成10(1998)年の発売。KATOの80系モデルのトップバッターです。こちらは品番10-379の7両基本セット。

 

f:id:daitaitetsu:20200306004030j:image

↑こちらは品番10-380の4両増結セット。基本セットからずいぶん間が空いて、つい最近落札しました。4両入ってますが編成に使うのは3両で、東海の時はサロ、サハ、モハを各1両、比叡の時はサハ2両とモハ1両をつなげます。

 

f:id:daitaitetsu:20200307204630j:image

↑東海/比叡より後にKATOから発売された単品の300番台も発売時からコツコツ買いためて10両ほど所有しています。クハ85も取り混ぜて晩年のローカル運用風に走らせていましたが、優等列車としてヘッドマークを掲げて運用された誇らしい姿も眺めてみたくなったのです。

一番新しい飯田線のセットは持っていません。中古もあんまり見かけない気がするんですよね。欲しいといえば欲しいですけどね(´・ω・`)80系は博物館の保存車しか見たことないので馴染みは薄いですが、エポックメイキングな車両は何となく好きです。

 

f:id:daitaitetsu:20200309104347j:image

↑写真のチョイスミスではありません。

基本セットと増結セットの入手間隔が空いていたのは、基本セットに気に入らない点があったからです。それはよく言われる「運行番号表示記の形が変」とか「前面窓が広すぎる」とかの造形的な理由ではなく「強烈なタバコ臭」です。

個人間取引であるヤフオクで中古・ジャンクと明記されているものを入手しているのでタバコ臭がするのも織り込み済みですが、あまりにも強烈なのでテンション下がっちゃったんですよね…

まぁ、夜更けにタバコ吸いながら模型を心ゆくまでいじる…とかいうのが至福な時間なんだろうなぁとは容易に想像できます。私も昔はかなりのヘビースモーカーでしたからねぇ。

とはいえ、吸わなくなると気になるのが人の身勝手なところなので、可能な限り脱臭したいと思います。使うのは「オトコ臭」とか「汗・タバコ臭」を退治する的な表記の洗濯用洗剤です。写真の洗剤も中身は入れ替えてあります。ウレタンの中仕切りを洗剤を溶いたぬるま湯につけて優しく揉み洗いして、ビニールケースも同じく洗剤をつけてタワシでゴシゴシ。2日間ほどじっくり乾かしたら作業完了です。完全とまではいきませんが、およそ気にならないくらいまでは脱臭できましたよ(^-^)v

 

f:id:daitaitetsu:20200304195931j:image

↑ニオイ問題も解決したし増結セットも入手できたので整備に取りかかるとします。

まずはシールから。私が入手した基本セットのシールは前オーナー氏の手で一部貼り付けられています。


f:id:daitaitetsu:20200304195916j:image
f:id:daitaitetsu:20200304195925j:image

↑いわゆる海側(画像左が名古屋方面、右は東京方面)に準急東海のステッカーが…


f:id:daitaitetsu:20200304195911j:image
f:id:daitaitetsu:20200304195907j:image

↑山側(画像左が名古屋方面、右は大阪方面)には準急比叡のステッカーが貼ってありました。どちらの列車も楽しみたかったんですね。東海と比叡の違いは5号車をサロにするかサハにするかの違いですのでこういう楽しみ方が可能です。そして号車札が1〜4、6、7、10と説明書の編成図どおりに貼ってあります。きっと基本セットの前オーナー氏は増結セットも持っていて、通しでステッカーを貼っていたんでしょう。


f:id:daitaitetsu:20200304195859j:image

↑さて、頑張って貼ってあるステッカーですが、黒い枠線が切り落とせていないものがほとんどでした。気が重いですが、剥がして→不要な部分を切り落として→もう一回貼ります…

シール未使用の増結セットも同時に作業しますから10両分…ですか(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


f:id:daitaitetsu:20200304195903j:image
f:id:daitaitetsu:20200304195921j:image

↑貼り直しましたよ、全部…あー大変だった(*_*)

 

f:id:daitaitetsu:20200306004141j:image

↑続いてはライトが点灯しないクハの手入れです。車両を線路に押しつけながら前後させても全く反応がありません。


f:id:daitaitetsu:20200306004144j:image

↑バラしましょう。ボディをはずして…

 

f:id:daitaitetsu:20200306004129j:image

↑ライトカバーをはずして… 


f:id:daitaitetsu:20200306004133j:image

↑ユニットを直接通電させたら点灯しました。まぁLEDですからね、球切れなんてするとしても私がジジイになってからですね。

 

f:id:daitaitetsu:20200306004336j:image

↑戻しついでにライトユニットと床板集電板の接点を磨きました。


f:id:daitaitetsu:20200306004317j:image

↑さて、とすると台車が原因ですねぇ。


f:id:daitaitetsu:20200313210913j:image

↑とにかくフル分解。スノープラウがついてるんですね。車輪をレールクリーナーで磨いて、印の部分の台車集電板のポケットと台車の軸先も丁寧に磨きます。でも…

まだまだカブは…ライトはつきません。


f:id:daitaitetsu:20200306004332j:image

↑これでも点灯しないんですから普通の不具合じゃないですね。よくよく観察すると黒染め車輪の表面が変色・変質しているようです。ピカールで磨いてもいいんですが、今回は手っ取り早くTOMIXのクリーニングレールの乾式(つまり耐水ペーパー磨き)を使いたいと思います。レールを作動させて車両を手で行ったり来たりさせて…


f:id:daitaitetsu:20200306004326j:image

↑磨いた結果がこちら。磨き痕がはっきりつきますね。この凹凸がまた通電不良の原因になりそうでちょっと心配(^^;


f:id:daitaitetsu:20200306004322j:image

↑でもライトは点灯するようになりました。黒染め車輪、特に初期のものは何かと悪さをするイメージがあります。ほかのトレーラー車も転がり悪いですしね。

 

f:id:daitaitetsu:20200314111351j:image

↑モーター車も調子が悪いのですが、原因は同じく車輪でしょうね。動力台車を取りはずして…


f:id:daitaitetsu:20200314111343j:image

↑フル分解。こちらの車輪はクリーニングレール(乾式)で磨いたあとにピカールで仕上げをしました。車軸先と集電板ポケットもレールクリーナーで磨きました。

 

f:id:daitaitetsu:20200314111348j:image

↑これにて整備完了。大したことはしてないんですけど、シールの貼り替えとかもあったので手間がかかった印象です。


f:id:daitaitetsu:20200314111353j:image

↑KATOの単品300番台とこの間のGM塗装済みキットの0番台も並べてみました。80系が増えてきました( ´∀`)正面3枚窓のクハ86が入ったGMの塗装済みキットの中古も実は仕入れてあります。組み立てたらまた並べてみましょう。

それでは走行動画をどうぞ。

https://youtu.be/TCf31cVwXU0

【走行模型】

KATO 10-379・380 80系準急 東海/比叡 基本・増結セット

【走行模型の私的五段階評価】

★…1ポイント ☆…0.5ポイント

※★3つが標準です。あくまで個人の感想です。

外観の細密さ★★★

走行の安定性★★★

走行の静粛性★★★

取扱の容易さ★★★★

溢れ出る魅力★★★★

総合評価:★★★☆

よく作りこまれた外観ですが、やっぱり前面窓の大きさは目立つところだけに気になっちゃいますね(^^;

信頼のKATO製品なので走りの性能はもっと良かったはずですが、黒染め車輪の劣化で走行に支障があったので標準評価。

丈夫でメンテはしやすいです。

ヘッドマークを掲げて走る80系は優等列車の貫禄十分で魅力的!

今回も大体のところで楽しめました。

(GM80系1・2次形更新タイプの記事はこちら)

その①

https://daitaitetsu.hatenablog.com/entry/2019/12/07/231512

その②

https://daitaitetsu.hatenablog.com/entry/2019/12/22/185409

その③

https://daitaitetsu.hatenablog.com/entry/2019/12/26/144141

その④

https://daitaitetsu.hatenablog.com/entry/2020/01/11/120721

■塗装変更■鉄道コレクション 第22弾 加悦鉄道 キハ08 その2

f:id:daitaitetsu:20200225103109j:image
f:id:daitaitetsu:20200225103121j:image

鉄道コレクション第22弾の加悦鉄道キハ08を国鉄標準色に塗り替えよう!その2です。

(その1の記事はこちら)

https://daitaitetsu.hatenablog.com/entry/2020/02/13/194906


f:id:daitaitetsu:20200225103218j:image

↑前回は「塗装を落とさずにそのまま塗り重ねるという横着をしたら元の加悦鉄道のマークと車番が浮いて目立ってしまったので、きちんと塗装を落として再塗装すべくイソプロピルアルコールの海に浸けた」という所まででした。

塗装剥離ついでに、自家調色で吹き付けた朱色4号の色味も見直したいと思います。

 

f:id:daitaitetsu:20200225134830j:image

↑最初に吹き付けた朱色4号は、日焼けによる褪色が著しかったKATOの16番のDD51を再塗装した時に調色したものです。

(KATOの16番DD51の再塗装記事はこちら)

https://daitaitetsu.hatenablog.com/entry/36456873

DD51の時はこれで良かったんですが、今回キハ08を塗るにあたって色味を見直そうと思いました。


f:id:daitaitetsu:20200225134834j:image

↑色味を見直そうと思った動機はこちら。過去に不動ジャンク品から再生させたTOMIX 品番2478のキハ22(M)です。

(TOMIXキハ22の再生記事はこちら)

https://daitaitetsu.hatenablog.com/entry/36260013

キハ08系列の各車はその非力さ故に他形式のディーゼルカーと編成を組むことが多かったようなので、塗り替え後の我がキハ08もトレーラーとして走行化し、このキハ22とペアを組む予定です。

せっかくペアを組むので、違和感が無い程度まで色味を合わせようと思った次第です。

 

f:id:daitaitetsu:20200225103150j:image

IPAによる塗装剥離後。かなり丁寧に擦ったんですが、隅に前の塗料が少し残ってます。

諦めましょう(*´∀`)

 

f:id:daitaitetsu:20200225103213j:image

↑問題の車番付近は綺麗に落ちました。


f:id:daitaitetsu:20200225103159j:image

↑全体にGMのクリーム4号を吹き付けたところ。なお、今回からドアは接着したまま塗装することにしました。


f:id:daitaitetsu:20200225103210j:image

↑マスキングの様子。作業時間が取れない中で焦ってやったのでかなりいい加減になってしまいました(;´Д`A


f:id:daitaitetsu:20200225103112j:image

↑自称・朱色4号(新)を吹き付けたところ。自称・朱色4号(新)は感覚で次々に混ぜていって作り上げたものですが、結果的な比率はGMの朱色4号を3、Fモデルズの朱色5号を2、GMの赤2号を1の割合で混ぜ合わせています。

 

f:id:daitaitetsu:20200225103229j:image

↑相方と並べてみても朱色はそんなに違和感の無い色味になりました。むしろクリームの色味の差の方が気になりますね。TOMIXのほうが黄色味が強いかな?まぁ、多少違うくらいはむしろリアリティということで(笑)


f:id:daitaitetsu:20200225103147j:image

↑車番はキハ08 3とします。相方のキハ22付属のインレタから数字を拾って転写しました。


f:id:daitaitetsu:20200225103225j:image

↑今回はトレーラー車として走行化します。手元に余っていた鉄コレのウェイトと車輪を使います。


f:id:daitaitetsu:20200225103153j:image

↑台車には元から単線用スノープラウがついています。


f:id:daitaitetsu:20200225103135j:image

↑連結器の片方はTNカプラー化しますが、もう片方は元のダミーカプラーのままとします。どちらも連結器周りのディテールを相方のキハ22と合わせたいと思います。手元にあった「TOMIX PZ6270 エアホース(キハ20系用・ステップ付・黒)」を使います。


f:id:daitaitetsu:20200225103206j:image

↑このままでは付かないので…


f:id:daitaitetsu:20200225103203j:image

↑勿体ないですけど、もう思い切ってこれくらいまでカットします。ほかにもっと手軽に付くパーツがあるかもしれませんが、まぁせっかく手元にありましたしね(^^;


f:id:daitaitetsu:20200225103116j:image

↑反対側は乗務員室扉が無いのでステップも切り落とします。


f:id:daitaitetsu:20200225103143j:image

↑切り出したパーツをダミーカプラーの両側にゴム系接着剤で貼ります。

この後、台車のスノープラウとステップが干渉することがわかったので、ステップは切り離してボディ下端に直に接着することにしました。


f:id:daitaitetsu:20200227101814j:image
f:id:daitaitetsu:20200227101818j:image

↑加工終了後のダミーカプラー側。GMの貫通幌(角型グレー)を貼り付けてみました。なかなか良い雰囲気です。しかし塗装が下手ですね…精進しておきます(´-ω-`)

 

f:id:daitaitetsu:20200227101838j:image
f:id:daitaitetsu:20200227101843j:image

↑こちらはTNカプラー側。こちらはエアホース部分をさらに切り詰めてTNカプラーに貼り付けています。乗務員室ステップはダミーカプラー側と同じくボディ下端に直付けです。

 

f:id:daitaitetsu:20200226113029j:imagef:id:daitaitetsu:20200226113035j:image

↑相方のキハ22と連結。うん、遠目に見ればいいですね!多少のアラも気になりません(笑)

それでは走行動画をどうぞ(^^)

https://youtu.be/3Rbakw6kL1M

【走行模型】

鉄道コレクション 第22弾 加悦鉄道 キハ08(国鉄気動車標準色塗替え品)

【走行模型の私的五段階評価】

★…1ポイント ☆…0.5ポイント

※★3つが標準です。加減点をする場合は総評で理由に言及しています。あくまで個人の感想です。

外観の細密さ★★★

走行の安定性(評価外)

走行の静粛性(評価外)

取扱の容易さ★★★★

溢れ出る魅力★★★★

総合評価:★★★☆

鉄コレのペラペラボディですが作りはいいので私の下手な塗装でも見映えがします。

分解も簡単なので再塗装も容易です。

異端の客車改造気動車国鉄時代を再現できて満足です(^^)

今回も大体のところで楽しめました。

お問合せ&プライバシーポリシー